【プロ棋戦のアマ代表枠獲得】第9期加古川青流戦アマチュア選抜大会

勝ち進めばプロ棋戦に出場できる!

加古川青流戦のアマチュア選抜大会が、2020年3月2日に加古川まちづくりセンターで開催されました。今年は128名の申込があり、参加者数が過去最高でした

元三段やタイトル経験者など、錚々たるメンバーが揃っており、実質全国大会ですね。そんな中、私は初戦で折田翔吾さん(現プロ四段)を倒したりして、見事に決勝戦まで勝ち進みました。勝てばプロ棋戦に出場です!

元三段&元アマ名人にソフト研究で圧勝!

決勝戦では、以前に研究していた作戦を採用しました。意表の手を放ち、会場からは、「えー!」と悲鳴が上がっていたそうです。以下の新聞の切り抜きをご覧ください。

また、私が準々決勝で倒した相手も、記事を書いています。

勝ち進めばプロ棋戦に出場できる!過去最高の参加者が集まった加古川青流戦アマチュア選抜大会の様子をご紹介

決勝戦の棋譜を動画で解説

YouTubeで、決勝戦の棋譜を解説しています。

また、採用した作戦の研究についても、解説記事があります。

鬼殺し向かい飛車対策

 

自戦記解説一覧に戻る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です