カテゴリー別アーカイブ: 将棋研究

YouTubeでおなじみの「序盤ソフト研究」のまとめとおすすめ書籍一覧です。

【角換わり腰掛け銀】角を設置する形での知っトク手順

角換わり腰掛け銀で、あそこに角を設置する形はよく見られます。設置する側、される側でうまい攻め方を紹介します。実戦に多く現れる形ですので、最後まで読むと勝率が上がることでしょう。

※先手の指し手は赤字、後手の指し手は青字

では、角を設置する側の指し方を解説していきます!

①角銀交換で猛攻 part1

図1 △44歩まで

図は4四歩と仕掛けた局面です。同歩で一歩交換を甘受するのが自然に見えますが、ここでは、意表の攻めがあります。

24歩と突き、角銀交換からじっと飛車を引いておきます。

 

 

図2 29飛まで

駒損でしかも手番を渡すのは抵抗があるかもしれません。しかし、次に52銀の打ち込みがありますね。例えば、45歩と取ると、52銀から金をむしり取って、45銀で駒損ながら相手陣が薄く先手優勢となります。

 

 

図3 45銀まで

次に43歩44歩で後手陣は崩壊です。33銀と補強しても35歩で攻めは続きます。

では、52銀を嫌って、図2から62金と指されたらどうなるのでしょうか?

 

 

図4 62金まで

35歩と、薄くなった3筋を攻めます。

黙って34歩と取り込まれては25桂からの猛攻に耐えられません。

同歩と取りますが、34銀が急所です。

 

図5 34銀まで

23銀成という単純な狙いです。

これを受けるならば、22玉24角ですが、44歩から45銀上とタテの猛攻で先手優勢となります。

とにかく、薄い玉が弱いばかりです。

 

②角銀交換で猛攻 part2

図6 33銀まで

今度は、4筋の交換を甘受しました。先ほどと違い、攻めの銀が2枚並んでいますね。

55銀左とぶつけます。64銀と出る手もありますので、55同銀同角と進みます。

 

 

図7 55同角まで

言うまでもなく、52銀が見えていますね。54金がぴったりの受けですが・・・

33角成!!!

ここでも、角銀で猛攻が決まります。

 

図8 33角成まで

同桂は桂頭が弱く、2筋と3筋を突き捨てて34銀と打てば後手陣は持ちません。

同金が勝りますが、35歩と突き、同歩44銀と絡めば先手ペースとなります。

 

 

図9 44銀まで

この銀打ちは守りの金に当たっており、取れば、56の銀と37の桂まで働きそうです。

やはり、33の銀を食いちぎってしまえば、後手陣は脆いですね。

攻め方も単純明快です。

 

以下は、角を設置される側の指し方です!

③角を設置されたら猛攻

図10 84角まで

右四間飛車に角を設置して、次に65歩から攻めたいのでしょう。

ときおり見かける構想ですが、この瞬間にイっちゃいます!

45桂と跳ねます。

 

 

図11 45桂まで

相手が力を溜め切ったところで、機敏に攻めるのが筋なのです。

22銀だけは71角で論外です。

44銀には、飛車先を交換してから、横歩を取ります。

 

 

図12 34飛まで

65歩の暇を与えない猛攻です。しかも、後手は歩切れなので受けにくいです。

なら、65歩と突いたらどう攻めるか?

24歩と打ちます。

 

図13 24歩まで

同歩は、23歩が厳しい攻めです。

33桂と飛車を遮断してきた場合には、1筋で香を突っ走ってから14角と打ちます。

 

 

図14 14角まで

24歩ぐらいですが、同飛で2筋突破が確定で優勢となります。

後手の溜め技が手遅れのようです。

では、図12のタイミングで33桂はどうでしょうか?

 

 

図15 33桂まで

これには、24歩と打ちます。

65歩と突くと、先ほどの変化と合流します。つまり、黙っていれば14角の筋が厳しいのです。

同歩と取るぐらいですが、飛車を28まで戻しておいて、3筋を伸ばせば優勢です。

 

図16 35歩まで

狙いは34歩から、33に何かをぶちこむことです。

45桂なら、銀桂交換の後に34歩ぐらいで優勢です。

やはり、後手陣は33の銀が消える崩壊するんです

 

 

④角を設置されたら角頭攻め!

図17 64角まで

後手から角を設置する形で、84歩型も生かせそうです。

46の歩が取られそうですね。47金などは、73桂から理想形に組まれ、先手からの打開は容易ではありません。

ここは、6歩と反発していきます。

 

図18 66歩まで

同歩か、単に②46角か、順番に解説していきます。

同歩は、同銀46角47金73角75歩が一例です。

最後は77桂もあり、先手が抑え込む展開です。

手厚い棋風の人にはおすすめの手順です。

 

図19 75歩まで

同歩同銀で角がいじめられるので、62飛でしょうか。

65歩と守るか、強く74歩でいい勝負ですね。

以上が、図18から同歩46角の変化でした。

では、単に②46角を見ていきましょう。

 

図20 46角まで

ここからは簡単でしょう。

47金から65歩と厚みを築きます。

基本的に、序盤で角を打たれた場合は、働かせないようにいじめる方針で進めます。

 

図21 65歩まで

駒の損得がなくて、角を使わせた上に6筋が手厚いです。

62飛にも66銀で、先手満足の展開です。

以上が、64角に対する66歩の反発でした。

おとなしく47金と上がると、73桂から理想形に組まれて打開困難ですので、ぜひお試しくださいね!

 

今回は以上となります。ご精読ありがとうございました!

また次の記事でお会いしましょう!

YouTubeでもよろしくです。

↓↓↓

元奨ほっしーの将棋チャンネル