カテゴリー別アーカイブ: 自戦記解説

全国優勝を決めた1局や、プロ公式戦で対局した自戦を解説しています。

【プロ棋士にも快勝!】三間飛車対策 後手番でも強気に応戦

プロ棋士の三間飛車に研究をぶつける

久しぶりの某研究会で、プロ棋士の先生に教わりました。戦型は、相手の三間飛車に対して対振り持久戦を採用しました。三間飛車対策の研究が炸裂したのでブログにアウトプットすることにしました。

これまで、研究動画ウォーズ実況三間飛車対策を数多く披露してきました。

特に参考になるのは、対振り持久戦を体系化した動画でしょうか。

実戦なら、以下のウォーズ実況動画がおすすめでしょうか。初手から終局まで音声字幕で解説しています。

動画では居飛車側が先手番になっていますが、今回はプロ棋士の先手三間飛車に挑むことになりました。先後逆になると、1手の違いで同じ手順が成立したいこともざらにあるもので・・・

それでも、同じ手順が通った!!!

※指し手は赤字本譜で、青字変化になります。

さて、仕掛けの局面からいきましょう。対振り持久戦で22玉と寄った局面です。

実戦は、56銀44歩75歩と進みました。44歩では、44銀もあるところです。

三間飛車側は居飛車穴熊に組まれるのを嫌って、本譜のように揺さぶる進行が多いように思います。65銀から74歩と積極的に動く構想ですね。特に、後手陣に離れ駒ができているところが、先手番としてのメリットです。

それでも、64銀59角42角と従来の手順を採用しました。

先手は黙っていると、75の歩がタダで取られてしまします。先手の手を強制できており、一直線で誘導しやすい変化なのです。74歩同歩同飛73歩78飛75銀と進みました。

後手陣の離れ駒を見て先手から動いたものの、まるで後手から仕掛けたかのような局面になっています。そして、先手の銀の進出より早く攻められます。8筋の攻めは受け止められないので、誤魔化しにいきます。

65歩86歩同歩同銀64歩と進み、選択肢を与えてきました。

迷ったときは、取る手から読むようにしています。

同歩は角道が止まってしまう。

同角74歩65銀がうるさい。

63にと金を作られても、89に飛車を成れたほうが攻めとしては厳しそうだな。87銀不成と指しました。

今度は、先手が悩む番です。飛車をどこに逃げるか。対局中は68飛が読み筋でした。対する予定は64歩で、先手から嫌な攻めはなく、後手は8筋を突破できそうなので指しやすいと思っていました。77飛79飛88銀不成で桂香が拾えそうです。

実戦は予想外で、75飛64角65飛76銀不成64飛同歩43角と進みました。

75飛はありがたく、手順に歩を払って飛車当たりなので優勢を意識しました。最後の43角は、後手陣が締まっていないがために生じた手です。しかし、これは誘いの隙と言いたいところです。もし、32金が入っていれば、75飛にかえて68飛と指しそうです。

43角は6一の金に当たっています。52金右と角に当てれば、54角成76馬で、銀を取りつつ馬は攻守に利いています(それでも自信あり)。

6一の金なんてニートだし、馬をそっぽに走らせるぐらい仕事してくれたら・・・

実戦は、89飛成61角成66桂と攻め合いを選択しました。

先手は美濃囲いですが、39玉型なので横攻めに弱い形です。先手は攻め駒が馬と持ち駒の金しかありません。その状況で一方的に攻められる形になってしまいました。

48金寄と逃げましたが、69飛と二丁飛車で攻めていきます。

ここまで読んでて、後手が楽勝の展開と思いましたか?いや、そんなことありません。

ソフトの評価値は-500程度で、後手有利といったところなんです

しかも、相手はプロ棋士なので、勝ち切るのは容易ではありません。

 

初手から終局までの棋譜ファイルを作成しました。

解説コメント・評価値推移・変化手順など、学習内容が充実しています。

参考↓↓↓

プロ棋士の土俵を割らない粘りと食い付き、元奨&全国優勝者の正確な寄せを見たいなら・・・

100円で販売しています!

欲しい方は、ご連絡ください。

Twitter:@Zengo_Master
Gmail:8435740@gmail.com

 

最後までご精読ありがとうございました。YouTubeでも発信しているので、ぜひご視聴ください。

元奨ほっしーの将棋チャンネル

 

自戦記解説の一覧に戻る

【正棋会体験記】角換わり4五桂は確実に防げます

5000円を悔やんできちんと反省する

正棋会とは、月1回行われる例会で、3つのクラス(A1・A2・B)に分かれています。私はA1クラスで、奨励会員やアマ強豪という錚々たるメンバーが揃っています。

この日は関西奨励会と日程が重なっていたこともあり、参加者数は少なめの13人でした。形式としては、20分30秒で5局指します。賞金は勝で1万円4勝で5000円と、強い人たちと指せて、勝てばお金までついてきます。

この日は朝イチの対局で惜しくも負けてしまったものの、そこから4連勝して賞金5000円を獲得しました。1局目を勝っていれば倍額もらえたのに…。

負けた将棋こそ得られる知見があるんです

公式戦でもないし、こういった例会や研究会では、賞金よりも学びが大切です。勝った将棋にも面白い奇襲があったので、解説していきます。

※本譜は赤字、変化は青字で示していきます。

①角換わり4五桂対策 後手早繰り銀

まずは、朝イチの敗戦から。本局は、角換わり4五桂の優秀な対策を採用しました。そもそも、角換わり4五桂の速攻とは何か?

図から、4五桂3五歩〜4五桂も、後手がうまく対応すれば無理気味というイメージです。詳しくは、研究動画をご視聴ください。

ところが、YouTuberのショーダンさんが1筋の交換を入れた形で、非常に参考になる攻めを公開されています。

図から、3五歩、同歩、4五桂、2二銀、1五歩と仕掛けるそうです。詳しくは以下の動画をご視聴ください。

勝ちやすい誘導しやすい攻めまくるという非常に優秀な作戦です。後手を持って苦労している人が多いのではないでしょうか?実はこの4五桂速攻を確実に回避する構想があります。

 

正棋会の1局目では、先手のKさんが4五桂速攻を狙ってきましたが、用意の回避作戦を採用しました。

前の図で5二金と上がり、4五桂の速攻を無効にしました

ただ、6二金・8一飛の形に組むことができません。後手早繰り銀を採用すればいいんです。先手は3七桂を早く決めているので、左辺の厚みで早繰り銀を押し返すことが困難です。先手は右玉に組むぐらいで、主導権が後手に移りやすいのです。

 

しばらく進んで、序盤の勝負所を迎えました。

 

 

 

 

 

 

9六歩はよく分かりませんが、5九飛と回られたところで5五歩と位を取ってくるのが見えています。それを嫌って、5四歩と突きました。ただ、結論から言うと、この手は実戦的に非推奨で、42金右が無難でした。というのも、5五歩を突かれても7四角が好手で、以下、2八玉、1二香から穴熊に組んで後手十分なのです。

 

本譜は5四歩に対し、4五歩と機敏に動いてきました。

手厚く4三金右もありますが、本譜は強気に同歩と取りました。以下、同桂、4四銀、7一角と進みます。

これ、飛車銀両取りで終わってるのでは・・・

 

いえ、読み筋です。ここで、飛車取りに構わず4五銀と桂を取りました。

8二角成ならば、4六歩~3六銀と出れば、5九の飛車も壁になって後手優勢となります。右玉は薄いので、このような大駒を見捨てた攻めが厳しいのです。

本譜は、飛車を取らずに4六歩と守りました。以下、7二飛、4四角成、3三金、4五歩、4四金、同歩、5三金、4五金と進み、右辺の制圧勝負となりました。

形勢は互角ですが、実戦的には先手持ちの人が多数派かと思います。将棋は玉が安定していて攻めるほうが勝ちやすいですからね。ここで悩んだ挙げ句、疑問手を指してしまいました。正着は何だったのでしょうか?

次の一手

しばらく進んで、チャンスが到来です。

ある手を指せば、後手が有望な展開です。その手とは???

本譜はその手を逃しました・・・

 

初手から終局までの棋譜ファイルを作成しました。

解説コメント・評価値推移・変化手順など、学習内容が充実しています。

参考↓↓↓

次の一手や終局までの解説が気になる方には、100円で販売しています!

欲しい方は、ご連絡ください。

Twitter:@Zengo_Master
Gmail:8435740@gmail.com

②意表の奇襲で短手数の終局!

賞金のかかった5局目は、奇襲が炸裂して短手数の終局となりました。戦型はMさん先手の嬉野流に対して、棒銀で挑みました。図と符合は便宜上、先後逆で掲載します。

図は、奇襲が炸裂する前の局面です。

相手はなぜか壁形になっています。これは、棒銀を受けるために2二金、3二玉と構えたからです。ここから、壁形を咎めていきます。

実戦は、4八飛と回りました。それに対し、こちらの居玉を見て8六歩と打ってきました。

 

こんなん、取る一手やろ・・・

 

いや、奇襲を決行したんです。攻めるなら、4四歩、同歩までは簡単です。そこで、同銀でうまくいきそうですが、4三歩、同銀成、同金、4四歩、5三金、4三銀、4一玉で空振りです。

本譜は4四同角と取りました。これが浮かびにくいですね。

次に41銀が厳しいので、4三歩と受けました。以下、6二角成、同飛、4四歩、同歩、同銀、4三歩、同銀成、同金、4四歩、同金、同飛、4三歩4三銀4五飛が角取りと4四歩が残って大優勢)、5四飛と進んで勝勢となりました。

以下は粘られたものの、しっかり勝ち切りました。8六歩を緩手と見て鋭く踏み込んだのが勝因でした。

将棋仲間と食事会

この日は将棋仲間に久々に会えたこともあって、5人で食事会に行きました。そのうちのひとりは、僕に1敗を食らわして5000円を失わせた男なのであった。

K氏「3-2で賞金なかった。あなたに嫌がらせしただけw」

よくあることですね。K氏は僕に勝っても負けても賞金はありませんでしたが、僕の賞金妨害だけは果たしたようです。5人で雑談や棋譜検討など、充実しておりました。ただ、洗濯機の恨みは怖いですねえ。

 

最後までご精読ありがとうございました。YouTubeでも発信しているので、ぜひご視聴ください。

元奨ほっしーの将棋チャンネル

 

自戦記解説の一覧に戻る

【かなきち先生と頂上決戦】大阪赤旗名人戦決勝戦

YouTuberかなきち道場と大阪頂上決戦

2019年10月13日、赤旗名人戦の大阪府代表を決める大会が開催されました。準決勝では元奨励会三段&元アマ竜王の兄弟子に勝ち、既に大阪府代表が決まっておりました。決勝戦は、かなきち先生と記念対局となりました。会場の都合で30分切れ負けで対局となりましたが、二転三転の終盤を制して大阪赤旗名人になりました

その棋譜解説をYouTubeでご覧ください。

この大会が、コロナ前にして最後の大阪代表獲得だったのです。しばらくコロナの影響で大会が悉く中止になっています。早く開催してほしいですね。

参考

かなきち道場のチャンネル

 

自戦記解説の一覧に戻る

【元三段&元アマ竜王に圧勝!】大阪赤旗名人戦代表決定戦

コロナ前で最後の大阪府代表

2019年10月13日、赤旗名人戦の大阪府代表を決める大会が開催されました。赤旗は県代表の決め方が特殊で、地区大会を勝ち抜いた者が大阪府大会に進出する仕組みになっています。私は、東大阪地区で代表を獲得し、大阪府大会で勝ち進みました。大阪府代表は2枠であり、準決勝が代表決定戦となります。

地区大会でかなり選抜されているので、大阪府大会では午前中に2勝して代表に王手をかけました。そこに立ちはだかったのは、元奨励会三段&元アマ竜王の兄弟子でした。

結果は、圧勝でした。途中まで研究範囲でもありましたが、緩みなく勝ち切ることができました。その対局の棋譜をYouTubeで解説しています。

この大会が、コロナ前にして最後の大阪代表獲得だったのです。しばらくコロナの影響で大会が悉く中止になっています。早く開催してほしいですね。

研究が勝率を上げてくれる

途中まで研究で優位に立ち、以降も勝ちやすいようにしておくと格上に勝てるチャンスが増えます。序盤研究にソフトを使うことによって正確かつ誘導しやすい定跡を作ることが出来ます

序盤研究ソフト研究の一覧

 

自戦記解説の一覧に戻る

【プロ棋戦初出場】第9期加古川青流戦トーナメント1回戦

アマチュア代表として出場

第9期加古川青流戦アマチュア選抜大会を勝ち抜き、アマ代表として第9期加古川青流戦に出場しました。参加者は、プロ四段全員、奨励会三段上位陣、女流棋士、アマチュア3人となっておりました。

奨励会同期と対戦

対戦相手は、奨励会同期の三段でした。彼とは奨励会で10局ほど対局しており、お互い手の内を知っていました。その棋譜解説を動画でご覧ください。※棋譜利用に関しては、日本将棋連盟より許可いただいております。

自戦記解説一覧に戻る

【自戦記解説】厳選した将棋を解説

解説一覧

【学生チャンピオンに輝いた1局】第20回学生将棋選手権決勝

【プロ棋戦のアマ代表枠獲得】第9期加古川青流戦アマチュア選抜大会

【プロ棋戦初出場】第9期加古川青流戦トーナメント1回戦

【元三段&元アマ竜王に圧勝!】大阪赤旗名人戦代表決定戦

【かなきち先生と頂上決戦】大阪赤旗名人戦決勝戦

【正棋会体験記】角換わり4五桂は確実に防げます

【プロ棋士にも快勝!】三間飛車対策 後手番でも強気に応戦

【プロ棋戦のアマ代表枠獲得】第9期加古川青流戦アマチュア選抜大会

勝ち進めばプロ棋戦に出場できる!

加古川青流戦のアマチュア選抜大会が、2020年3月2日に加古川まちづくりセンターで開催されました。今年は128名の申込があり、参加者数が過去最高でした

元三段やタイトル経験者など、錚々たるメンバーが揃っており、実質全国大会ですね。そんな中、私は初戦で折田翔吾さん(現プロ四段)を倒したりして、見事に決勝戦まで勝ち進みました。勝てばプロ棋戦に出場です!

元三段&元アマ名人にソフト研究で圧勝!

決勝戦では、以前に研究していた作戦を採用しました。意表の手を放ち、会場からは、「えー!」と悲鳴が上がっていたそうです。以下の新聞の切り抜きをご覧ください。

また、私が準々決勝で倒した相手も、記事を書いています。

勝ち進めばプロ棋戦に出場できる!過去最高の参加者が集まった加古川青流戦アマチュア選抜大会の様子をご紹介

決勝戦の棋譜を動画で解説

YouTubeで、決勝戦の棋譜を解説しています。

また、採用した作戦の研究についても、解説記事があります。

鬼殺し向かい飛車対策

 

自戦記解説一覧に戻る

【学生チャンピオンに輝いた1局】第20回学生将棋選手権決勝

学生の頂点へ

日本全国の小学生から大学院生までが参加した学生将棋選手権個人戦で優勝しました。

決勝戦の棋譜解説をご覧ください。

 

トーナメント表(ベスト16から)

大学四年生にして、学部最後の大会で学生日本一になりました

 

表彰式の写真

左から2番目が自分です。その左にいるのは、カイト先生です。

関西将棋会館【公式】 on Twitter: "第20回学生将棋選手権の結果です ...

参考記事

毎日新聞

 

自戦記解説一覧に戻る